先日、韓国に行った時に訪れた薬令市場。
顔のパックに使える韓方はもちろんのこと、その他にもたくさん
欲しいものがありまして。
そのうちの1つが五味子茶(オミジャ茶)。

韓国では有名で、あちこちで飲むことができるのだけれど、
日本ではあの新大久保ですら手に入れることができない。
どこを探してもさっぱり売ってない。

なんでだろなー?どうしてだろなー??
って思っていたら、どうやら五味子ってのは薬事法の関係で売れないらしい。

あー、そうか。五味子ってのも立派に漢方だもんね。

ってことで、訪韓した時にスーパーとかで購入していたのだけれど市販品は結構甘い。
そういうものかと思っていたら、どうやら自分で作る五味子茶は甘くないらしい。
そしてどうやら自分で作るのも簡単らしい。

甘いモノが得意ではないマユさんなので、ぜひ甘味の調整ができるのなら
自分で作ってみたいと思っていた。
ってことで、今回この市場で購入することにしていたわけ。

 

市場には本当にたくさんの五味子が売っていて。まったくもってどれが
いいのかわからない(笑)
とりあえず、韓国産と中国産のがあって、韓国産のが高級らしく値段も
高いのだけれど買うならやっぱり韓国産でしょー。

と、適当なお店の人当たりのいいアジョシ(おじさん)がいたところで購入。

 

P31500081.jpg


 

 

一番上の赤い文字が「韓国産」って意味だよー。
ハングル、全然読めないし書けないけど、これだけは覚えていったの(笑)

下は五味子って書いてあるよ。(たぶんね(笑))

お値段は300gで15000w(約1500円)だからまぁまぁだと思うの。

帰国してから早速作ってみましたよー。

袋から出すとこんな感じ。

 

 

 

P3150009.jpg


 

 

 

匂いは特にないかな。

ザザッと洗ってから、水に入れます。

 

 

 

 

 

P3150015.jpg


 

 

最初はこのまんま入れちゃったけど、今はお茶出しの時に使うネットに入れてます。
量は水1Lに対して我が家は15g。
本当はもっと入れて濃くするのがいいみたいだけど、割りと酸味が強くて
それだとそのまんまでは結構飲みにくい。
砂糖やはちみつ、ガムシロップなんかで甘味をつければいいみたいだけど、
甘味をつけたくないのでちょっと薄めに作ってます。

 

 

P3150016.jpg


 

 

水につけたら約24時間。
24時間以上つけると苦味が強く出てきちゃうみたいなので、だいたい20〜22時間くらいで
実を取り出してます。

キレーなピンク色がついたお茶になります。

 

 

ってオイー!!(;´Д`)


 

 

出来上がりのお茶写真の撮るの忘れちゃったww
まぁ、見た目はアセロラドリンクとほぼ同じ感じだから許して(笑)

 

五味子茶は漢方のお茶なので色々体にいい!(アバウト(笑))

 

その名の通り「甘味・酸味・辛味・苦味・塩味」を感じるお茶で、
そのどれを強く感じるかによって自分の体の状態がわかるそうです。

 

マユさんは、いつも大体酸味。

 

体の状態はと言うと・・・・・

 

 

 

 

「ストレスを感じている」 

 

 

ぷぷぷー(* ̄m ̄) やっぱりね(笑)

 

でも、ストレス解消や滋養強壮にも効くらしいので、
飲み続けていればマシになるのかしら? 


 

これからの季節、さっぱり飲めて体にいい
五味子茶は大活躍しそうなので、たくさん作りたいと思います。


 

ちなみに一緒に同じ量だけ買ったお友達は気に入りすぎて、もうなくなっちゃうって言ってたよ(笑)
また買いに行かなくちゃねー。


 

 

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。